パラグアイへの40時間の長旅に窮地で大変だった

初めての海外旅行でパラグアイに行きました。目的地までは40時間以上の長旅でしたが、友達と、旅慣れた仲間2人の合計4人での旅行だったので、行きは特に何の問題もありませんでした。飛行機ではほとんど熟睡していたので、大して長くも感じませんでした。しかし、問題は帰りです。旅慣れた仲間はパラグアイに長期滞在する予定になっていたので、ほぼ海外初心者の友達と、全くの初心者の二人で帰ることになりました。空港に到着して、余っていたパラグアイのお金を使い切ろうと、お菓子やお土産を買い、さあ、今から出国手続き!という時に、空港使用税を払わなければならないことを知ったのです。私は当時クレジットカードも持っていませんでした。しかも日本円も500円ほどしか持っておらず、ドルもありません。友達は念のために日本円の1万円を持っていましたが、係りの女性は、日本円は受け付けられない、と言うのです。日本の空港のように親切ではないので、どこで両替できるかを教えてくれるわけでもありません。スペイン語もたどたどしい私たちは、窮地に立たされました。でも、とにかく落ち着いて、空港内の両替屋を探すことにしました。と言っても、時間がほとんどありません。とにかく走りました。そして日本円を両替できるところを見つけたんです。そういうわけで、心臓に悪い帰途でしたが、なんとか無事に帰り着きました。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>